診療科目一覧
 
一般歯科(更に詳しく見る→)
虫歯、歯周病や事故などによる口腔内のケガの治療といった、歯科医院で行う一般的な診療科目が「一般歯科」です。歯科医院に訪れる方のほとんどが一般歯科を受診します。

予防歯科(更に詳しく見る→)
虫歯や歯周病になる前にケアして防ぐための診療科目が「予防歯科」です。歯科医師が行うブラッシング指導やPMTCなどによって、虫歯などのリスクを回避し健康な歯を維持するための処置をします。

小児歯科(更に詳しく見る→)
乳歯が生えたばかりの幼児から、永久歯に生え変わりつつある小学生までを対象にした診療科目が「小児歯科」です。虫歯を防ぐことはもちろん、子どもの歯の正しい成長を促すための治療を行います。

歯周病(更に詳しく見る→)
歯周病は、口腔内の歯周病菌によって引き起こされる感染症です。
歯槽膿漏(歯周病)は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。基本的には、一度、溶けてしまった骨は再生しません。そのため、日本人が歯を失う一番の原因となっています。

矯正歯科(更に詳しく見る→)
不揃いの歯並びや不正咬合に対する治療を行う診療科目が「矯正歯科」です。子どもの矯正治療だけでなく、成人矯正にも対応しています。

入れ歯(更に詳しく見る→)
入れ歯治療は、歯を失ってしまった場合に従来より行われてきたスタンダードな治療法です。保険診療のものと自由診療のものが選択でき、現在では非常に精度の高い入れ歯も作られています。

インプラント(更に詳しく見る→)
インプラント治療は歯を失ってしまった場合に行う補綴治療の1つで、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取りつけます。天然歯同様の噛み心地や審美性を取り戻せる最新の治療法です。

審美歯科(更に詳しく見る→)
「金属」ではなく、「白い」つめもの・かぶせ物を用いて、天然の歯のように仕上げていくのが審美歯科治療です。レジン (プラスチック)を使用する場合は保険適用、セラミック(陶器)を使用する場合は保険外治療になります。

ホワイトニング(更に詳しく見る→)
歯を白くする方法を大きく分けると3つの方法があります。

白い詰め物・かぶせ物を用いる「審美歯科治療」
歯科医院で特殊機材を用いて行なう「オフィスホワイトニング」
自宅でマウスピースをはめて行なう「ホームホワイトニング」

それぞれの方法にはメリット・デメリット、費用、治療期間などの違いがあり、あなたに合った治療法の選択が大切になります。

デンタルエステ(更に詳しく見る→)
お口が乾燥すると、唾液の量が少なくなり、むせたり噛みにくくなったりします。当院では、唾液の分泌を促すために、お口の中と外から唾液線を刺激し、唾液の分泌を促進するマッサージを行っております。